ウーマン

妊娠中に注意!妊娠線を効率的にケアを行う

こまめなケアが吉

カップル

乾燥にも気を付けましょう

妊婦さんにとって、妊娠線への対策は一つの課題とも言え、妊娠が分かったらマタニティー服やぺたんこ靴、腹帯などと合わせて早い段階から妊娠線予防クリームを当然のように購入する妊婦さんが沢山います。妊娠線のできやすさには個人差もあり、何のケアもしなくても妊娠線が出ない人もいれば、頑張ってケアをしていたのにある朝起きたらできてしまっていてショックを受けたという話も聞きます。妊娠線予防としては、第一に体重のコントロールがあげられ、急激な体重増加を避ける事が大切になります。ただし。元々の体格が小柄な人は皮膚の伸びる余裕自体が少ないため妊娠線のリスクは高くなりますし、多胎妊婦さんはお腹が大きくなってしまうのは自分の努力だけではどうしようもない部分があるでしょう。また、妊娠中はホルモンバランスが乱れて新陳代謝が低下したりコラーゲンが減少したりするため、肌の再生機能が衰えるため、早い段階からクリームで保湿してあげることは意味のある事です。通常は妊娠線ができやすいのは妊娠後期ですが、乾燥気味であったり、妊娠線のリスクが高い人は5か月を過ぎたら日々の習慣として保湿ケアを始めましょう。また、体重増加が多い人は、お腹だけでなく胸やお尻、太ももといった妊婦がサイズアップしやすい部分も併せてケアをしていくとよいでしょう。また、妊娠期間が冬場の場合にも夏場よりも肌が乾燥しやすいため、お風呂上りなどに上手にケアしてあげると安心です。

予防して綺麗な肌になる

化粧品

専用クリームを購入して妊娠線を予防する人はたくさんいますが、正しい塗り方を知っている人はあまりいません。そのためきちんと塗り方を知り、専用クリームを購入する場合も有効成分がどのようなものかを理解した上で買うようにしてください。

妊娠中もクリームでケア

クリーム

妊娠線は一度できてしまうと完全に消すことは難しいものです。妊娠期間中にしっかりとケアをして、予防をすることが大切です。保湿性や浸透力の高いクリームを選び、継続して毎日塗る習慣をつけるようにしましょう。

3つの違い

お腹

妊娠線予防として、保湿ケアは欠かせません。保湿をする際は、クリーム・オイル・ローションから選びケアします。それぞれテクスチャーや使い心地に違いがあるので、自分が使いやすいと感じるタイプを選ぶようにしましょう。