妊婦

妊娠中に注意!妊娠線を効率的にケアを行う

3つの違い

お腹

使いやすいタイプを選ぶ

保湿ケアは妊娠線予防の基本と言われています。妊娠線の予防として用いられるものとしては、クリーム・オイル・ローションが一般的です。それぞれに使い心地や効果に違いがあるので、自分に合ったタイプを選びましょう。妊娠線対策として最も使われているのがクリームです。クリームは油分が比較的多い事もあり、保湿効果にも優れています。クリームなので伸びも良く、使いやすいという点が魅力です。また多くのメーカーから妊娠線専用のクリームが販売されており、選ぶ選択肢が多いという点もクリームの特徴です。オイルはクリーム・ローションの中で、最も油分が多くなっています。肌馴染みが良く、伸びもとても良いのでケアしやすいでしょう。特に乾燥しやすいという方は、ローションやクリームでケアした後、オイルで蓋をするようにすると、より保湿効果がアップするのでおすすめです。ただ、油分が多いという事もあり、使用後にべたつき感を感じるかもしれません。べたつき感が苦手という方には、ローションがおすすめです。ローションはクリームやオイルに比べ、油分は少なめとなっています。さっぱりとした使い心地を求める方に向いています。朝などすぐに着替えなくてはいけない時に、べたつき感の少ないローションでケアするのも良いでしょう。このように、クリーム・オイル・ローション、それぞれテクスチャーや使い心地に差があります。妊娠線のケアは毎日行うものなので、実際に使用してみて使いやすいタイプを選ぶ事が大切です。