妊婦

妊娠中に注意!妊娠線を効率的にケアを行う

妊娠中もクリームでケア

クリーム

クリームの選び方

妊娠をしてお腹がどんどん大きくなっていくのを見るのは、赤ちゃんの成長を実感できて非常に嬉しいものです。しかし、その一方で妊娠線ができてしまうのではないかという心配もあります。妊娠線を予防するためには専用のクリームがオススメです。この線ができる大きな原因となっているのが肌の乾燥です。ヒアルロン酸やセラミドなどが含まれている保湿力が高いクリームを使うと良いでしょう。肌が乾燥すると痒みが出てくるため、肌のバリア機能が弱まってしまい、妊娠線ができやすい状態になります。常にしっとりとした状態を保つためにも、潤いが長時間持続するものを選ぶようにしましょう。また、肌の表面だけでなく内部まで保湿させる効果があるクリームを使うと、より効果的です。妊娠線は肌の奥の真皮が裂けることで現れるので、安全に使えつつも浸透性があり、肌の内部を強くしてくれる成分が入っているかどうかも重要なポイントです。妊娠中は、普段は気にならないような香りや刺激にも非常に敏感になります。肌トラブルや体調不良を避けるためにも、アルコールや石油成分が含まれていないような低刺激で無臭のクリームを選ぶようにしましょう。妊娠期間中の長い間、肌に使用するものなので使用感が良いものを選ばなければ毎日塗ること自体が嫌になってしまいます。継続してケアをすることが大切なので、つけ心地が良く、塗ることでリラックスできるようなクリームを選ぶと良いでしょう。